サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

ジェイ・ホワイトはケニー・オメガの役割をどの程度引き継ぐのか

2月1日、ケニー・オメガと新日本プロレスの契約が切れました。新日本プロレスは既にビッグ4の1人をケニーからジェイ・ホワイトへと変更しており、ジェイはケニーの代わりとして機能することが期待されています。

スポンサーリンク

さて、偉大な”ベストバウト・マシーン”ケニー・オメガが新日本を去り、新進気鋭の”スイッチブレード”ジェイ・ホワイトが残った。ジェイはどういった役割を新日本から期待されているのでしょうか?Wrestling Observerのデイブ・メルツァーによれば、外道のブッキング方法がこれに関わっています。外道は団体の2年先のことまで構想し、メモ帳に書き連ねているとされています。

メルツァー:「今年の新日本でのジェイ・ホワイトの役割は、本来オメガが担うはずだったものの鏡写しになると思う。

ただ、2月11日のタイトルマッチ(VS 棚橋弘至戦)は違う。これはもともと予定されていたからだ。もしジェイがこの試合に勝利したら、それは(新日本にオメガがいる・いないに関わらず)予定通りだったということだろう。オメガが残留していた場合でも、彼がここで棚橋と対戦するはずではなかった。

もし今年の後半にもジェイがIWGPヘビー級に挑戦すれば、その結果は本来オメガに用意されていたものになる」

2年先のことまで頭に入っていたとしても、予定が狂ってしまえば構想を練り直す必要があります。今回のケニーの件や、2016年にAJスタイルズ、中邑真輔が退団した時のように、代役を務められるレスラーがいる場合は役割を入れ替えれば済むでしょう。ただ、KUSHIDAの移籍は穴埋めが困難なのではないかと思います。ヒロムもいないし。

ジェイの場合、ケニーのようなアスレチックな試合をすることはできないし、何よりもダークヒーローだったケニーとはキャラクターが異なるため、ケニーの役割をまるごとそのまま受け継ぐことにはならないでしょう。

ジェイがどんな試合を見せてくれるのか、今から楽しみです。特にG1。今年は去年のようにはいかないでしょうからね。

 

・あわせて読みたい

ジェイ・ホワイトが語るWWEと新日本の違い、対戦したいWWE選手
2018年のジェイ・ホワイトはとても充実していました。 凱旋試合となったイッテンヨンの棚橋弘至戦は残念な内容でしたが、ケニー・オメガからUSヘビー級王座を奪い、CHAOSとBullet Club...
海外ファンのWKレビュー⑥|オカダ・カズチカ対ジェイ・ホワイト
東スポによるケニー・オメガ退団スクープ後の錯綜する報道やAEW立ち上げによって完全に忘れていた新日本プロレス・レッスルキングダム13レビューを再開します。 「レインメーカー」の復活が世界中で話題...
海外ファンの議論「ジェイ・ホワイトとCody、凄いのはどっち?」
2018年、プロレス界の中心はThe Eliteだったのかもしれません。Codyとヤング・バックスによる自主興行「All In」は1万人を超える観客を動員し、大成功。インディー界では異例の数字でした。...

 

参照元:https://www.ringsidenews.com/2019/02/01/jay-white-set-to-get-kenny-omegas-njpw-storylines/