サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

クリス・ジェリコのAEWとの契約内容がWWEのロッカールームに衝撃を与える

Codyとヤング・バックスを中心に創立されたAll Elite Wrestling。オーナーのカーン一族は世界的な大富豪として知られており、AEWは強力なスポンサーの援助を受けることになっています。

さて、2018年は新日本プロレスで活動していたクリス・ジェリコがAEWと契約したことはご存知の通り。3年契約ということは報じられていましたが、契約金がどれほどだったのかは明らかにされていませんでした。

スポンサーリンク

Wrestling Observerのデイブ・メルツァーによれば、ジェリコの契約金額(おそらく年俸)がWWE選手たちの間で広まり、衝撃を与えているそうです。中には、あまりに高額なのであ然とする選手までいたとか。

メルツァーは、この金額がブロック・レスナーやジョン・シナほどの額ではないものの、トップ層に匹敵するものだとコメントしています。十人十色プロレス日和さんによれば、フォーブスが発表した2017年の年俸ランキングは以下の通り。

1位 :ジョン・シナ 1,000万ドル(約10億6000万円)
2位 :ブロック・レスナー 650万ドル(約6億9000万円)
3位 :ロマン・レインズ 430万ドル(約4億5000万円)
4位 :AJスタイルズ 350万ドル(約3億7000万円)
5位 :トリプルH 320万ドル(約3億4000万円)
6位 :ランディ・オートン 290万ドル(約3億1000万円)
7位 :セス・ロリンズ 270万ドル(約2億8000万円)
8位 :アンダーテイカー 250万ドル(約2億6000万円)
9位 :ディーン・アンブローズ 220万ドル(約2億3000万円)
10位:ケビン・オーエンズ 200万ドル(約2億1000万円)

WWEの年収トップ10!2017年最も稼いだのは?【WWE・2018年4月】
WWEスーパースターたちの2017年の推定年俸トップ10をご紹介。

最上位ではないものの、「トップ層に匹敵する」ということは、少なく見積もっても200万ドル台なのでしょう。

このランキングで注目すべきは、4月にWWEを対談することが発表されたディーン・アンブローズの年俸が220万ドルだということ。カーン一族の資金力を考えれば、アンブローズにもジェリコとほぼ同額のオファーを出すことは難しくないでしょう。

ちなみに、新日本プロレスからジェリコへのギャラは1試合10万ドルだと報じられています。

 

・あわせて読みたい

新日本プロレスがクリス・ジェリコに支払っているギャラの金額は?
年始にAll Elite Wrestlingと契約したクリス・ジェリコ。引き続き新日本プロレスにも参戦できる契約ということで、棚橋弘至との対戦が期待されています。 言うまでもなく、ジェリコは世界...
ケニー・オメガとクリス・ジェリコはImpactと契約寸前だった?
All Elite Wrestlingと契約を結んだクリス・ジェリコ。新日本プロレスへの継続参戦が可能な契約だったため、年内にも棚橋弘至の持つIWGPヘビー級ベルトに挑戦することになると思われます。 ...
https://wrestlingnow.info/archives/493

 

参照元:https://411mania.com/wrestling/chris-jerichos-aew-contract-value-reportedly-shocked-people-in-wwe/

アイキャッチ画像引用元:By Tabercil – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=42206570