サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

WWEとAEWが元IWGPジュニアタッグ王者の獲得を狙っている

アメリカの大手プロレス団体による選手の獲得合戦が盛り上がりを見せています。

年始にAEWが創立され、膨大な資金を元にしたロースター集めに動いています。その一方で、AEW参加レスラーを一気に失ったROHは、ルーシュやバンディードなどのメキシコ勢と、ジュース・ロビンソンやデビッド・フィンレーなどの新日本プロレス勢を中心に選手層の穴を埋めています。

また、WWEはAEWを警戒して有力インディーレスラーの乱獲モードを続行中。世界中のレスラーにとって、今ほど契約先を決めるのにふさわしい時期はないのかもしれません。

スポンサーリンク

さて、Wrestling Observerによれば、現在フリーエージェントになっている某レスラーの獲得を、WWEとAEWの両団体が狙っているそうです。

競争の対象になっているのは、元IWGPジュニアタッグ王者のマット・サイダル。

リコシェとタッグを結成し、新日本でのキャリアを順調に積み重ねていた最中に大麻取締法違反の疑いで関西空港警察署に逮捕され、新日本を離脱。2017年4月からインパクト・レスリングに出場していました。

サイダルとインパクトの契約は2019年1月1日で切れました。WWEとAEWにしてみれば、プロレス界でも屈指のアスレチックなプロレスラーをどうしても確保したいところ。しかし、インパクトも再契約を狙っているため、3団体による争奪戦になりそうだ、とのことです。

現在、サイダルは膝の怪我で欠場中。まずは怪我を治すところからですね。

 

・あわせて読みたい

 

 

参照元:http://wrestling-edge.com/wwe-and-aew-both-reportedly-want-matt-sydal/

アイキャッチ画像引用元:By ゾーヒョー – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=46944637