サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

ダニエル・ブライアンがヒデオ・イタミを挑発「当然の報い」

現在205LIVEを主戦場としているWWEのヒデオ・イタミ(KENTA)。WWE移籍後は怪我が多く、チャンスをモノにできない状態が続いていました。

2018年にようやくNXTを卒業。205LIVEへ配属され、現在は機会を伺っている状態です。そんな中、現WWE世界王者のダニエル・ブライアンがイタミについて語りました。

ヒデオ・イタミ……奴は危険な存在か?まあ、私は左耳が聞こえません。ご存知の通り、私とイタミは2006年にROHで戦い、打撃戦になりました。私は負けた。私の鼓膜は破れてしまった。左耳が聞こえなくなっただけではなく、私は水中に潜ることができなくなりました。さて、ヒデオ・イタミは危険な存在か?そうだ、奴は危険だ。もし彼がSmackDownに来ることになれば、彼は当然の報いを受けるだろう。

……ということで、敵意むき出しです。205LIVEはクルーザーウェイト級のレスラーが集まるブランドですが、ムスタファ・アリがブライアンの推薦で205LIVEからSmackDownへ移籍したように、ずっと205LIVEに閉じ込められるというわけではありません。

この発言は明らかにイタミのSmackDown移籍を予告しています。もし実現すれば、ブライアンや中邑真輔を相手に激しい戦いを繰り広げることで、名誉を回復することができるかもしれません。

イタミはRoyal Rumbleでバディ・マーフィが持つクルーザーウェイト級ベルト王座戦(Fatal 4-way Match)に挑戦することになっています。ここで存在感をアピールできれば移籍も現実味を帯びてくるので、頑張ってもらいたいです。

 

・あわせて読みたい

クリスチャンからAEWへの提言「すぐにWWEと競争してはダメだ」
ここ最近、往年の名レスラーがAll Elite Wrestlingについてコメントすることが多くなっています。WWEとTNAの両団体で活躍した元プロレスラーのクリスチャンが、AEWについてこんな発言を...
ジェイ・ホワイトが語るWWEと新日本の違い、対戦したいWWE選手
2018年のジェイ・ホワイトはとても充実していました。 凱旋試合となったイッテンヨンの棚橋弘至戦は残念な内容でしたが、ケニー・オメガからUSヘビー級王座を奪い、CHAOSとBullet Club...
KUSHIDA退団の裏にBullet Clubとヒールターン?
2019年1月末で新日本プロレスを退団するKUSHIDA。新日本はジュニア戦線のエースを失ってしまうわけですが、この決断の背景には2018年にKUSHIDAがもくろんでいたある計画と、外道との衝突があ...

 

参照元:https://www.sescoops.com/daniel-bryan-reveals-long-term-damage-hideo-itami/https://www.ringsidenews.com/2019/01/22/daniel-bryan-on-just-how-dangerous-hideo-itami-is/

アイキャッチ画像引用元:By Miguel Discart from Bruxelles, Belgique – 2016-03-31_19-58-24_ILCE-6000_3927_DxO, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=49340156