サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

KUSHIDA退団の裏にBullet Clubとヒールターン?

2019年1月末で新日本プロレスを退団するKUSHIDA。新日本はジュニア戦線のエースを失ってしまうわけですが、この決断の背景には2018年にKUSHIDAがもくろんでいたある計画と、外道との衝突があったそうです。

スポンサーリンク

Wrestling Observerのデイブ・メルツァーによれば、2018年初頭のKUSHIDAはヒールターンし、Bullet Clubに加入することを望んでいたそうです。ブッカーの外道はこの希望を退け、本隊のジュニアエースであり続けることを望んだとか。トップと意見の衝突があったわけですね。

メルツァーは、「これが唯一の理由というわけではない。ただ、理由の1つではある」とコメントしています。

ネットの一部に「KUSHIDAはヒールに向いているのでは」と考えているファンがいます。ただ、本人もヒールターンを希望していて、しかもBullet Club入りを希望していたとは、全くの予想外でした。

石森太二はBullet Club入りについて「世界に名前を売ることができる」ことを理由の1つとしていましたが、おそらくKUSHIDAにもこのような考えがあったのではないかと思います。もとから世界志向があり、WWE入団が夢と公言していましたからね。世界規模の人気を誇るBullet Clubなら願いを叶えられる、と。

KUSHIDAといえばThe Eliteのプロレス観に否定的なレスラーの代表格でしたから、もしBullet Club入りが実現していれば、OG側で石森ととんでもないタッグチームを組んでいたかもしれませんね。

 

※追記

KUSHIDAはPodcastでこの噂を否定しました。

 

・あわせて読みたい

対棚橋弘至!KUSHIDAラストマッチを海外ファンはどう考える?
新日本プロレスのジュニアヘビー戦線を盛り上げ続けてきたKUSHIDA。名実ともにジュニアヘビー級のエースとして君臨し、多くの名勝負を繰り広げてきました。 2019年、長年の夢を叶えるために新日本...
海外ファンによる議論「今年の新日本プロレスMVPは誰になる?」
2019年の新日本プロレスはよりグローバルな団体への一歩を踏み出しそうです。4月にはマジソン・スクエア・ガーデンでROHとの合同興行を行い、7月のG1 CLIMAX開幕戦はダラスで開催され、8月末には...
海外ファンが「2019年の新日本プロレスに望むこと」とは何か?
2010年代のプロレス界を牽引する存在は新日本プロレスだったと思います。名勝負の数々、個性豊かなロースター、世界への発信力を持つスターレスラーの存在など、WWEとは一味異なる魅力を持っています。 ...

 

引用元:https://www.sescoops.com/update-on-why-kushida-is-leaving-njpw/

アイキャッチ画像引用元:By ゾーヒョー – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=49103815