サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

ヤング・バックスの子どもたちと戯れるオカダ・カズチカが話題に。

このところ、新日本プロレスファンには厳しいニュースばかりが続いているような気がします。少しでも明るい話題がほしいところですよね。

そんなあなたに朗報です。Being The Eliteの最新話にオカダ・カズチカが登場し、ヤング・バックスの子どもたちと戯れるシーンがありました。これが海外ファンの間で大きな話題を集め、人間オカダ・カズチカの再発見につながっているようです。

一部をまとめました。

 

オカダの存在が新日本とAEWをつなぐかもしれない

スポンサーリンク

Wholesome Okada playing with the Bucks Kids from r/SquaredCircle

カズおじさん!

オカダは身長191センチの子どもなんだよ。これは普段と同じ振る舞いなんだ。

そうだね。私はオカダのこういうところが好きなんだ。

この話は私の十八番なんだけど……初めてオカダに会ったとき、私はマーティ・スカルのVillain Clubのシャツを着てたんだ。彼に近づいて手を振って、写真を撮ろうとしていると、彼は「whoop whoop!」と怪鳥音を発しながらマーティと同じ動きをした。まるで女子高生みたいなにっこり笑顔でね。

いい話だね!一体どうすればこの男を嫌いになれるんだ?

検討もつかないね。2回目に会ったときは「ロッキー・ロメロをタダで売るよ!」と叫んでた。オカダのこういう性格が表に出るのはいいことだよ。リング上での小さなことから子どもと戯れたりバックスの衣装を着て遊んだりするところまで、オカダを愛さずにはいられない。

オカダ、191センチもあるのか……。ビンス・マクマホンの息が荒いぞ。

もしビンスが新日本のブッカーなら、KESはそれぞれが5回以上IWGPヘビーのベルトを巻いてるだろうよ。

ファレもね。

このシーンの前にバックスが子どもたちにこう言ってるんだよ。「君たちのいとこ・カズちゃんは俺たちが日本に来るたびに一緒に遊びたがる。彼には失礼のないようにね。一緒に遊んでやってくれ。カズちゃんは年上のいとこのことを尊敬してるんだぞ。」

オカダがレインメーカーであるときは地球上で最も冷たい男に見えるのに、実際はめちゃくちゃ子供っぽい性格なのって、すごく面白いと思う。

このところの新日本・ROH・AEWに関するニュースで全く触れられてないけど、オカダはバックスのことが大好きなんだよ。彼は新日本とAEWの関係にかなりの影響力を持っている。

 

いい観点だね。バックスがジェリコのPodcastに出演したとき、新日本で仕事ができるようになったのはオカダのおかげだと話していたのを思い出した。オカダはバックステージでバックスの衣装を着るイタズラをするのが好きなんだ。

 

そう。オカダはTNAで悲惨な時期を過ごしたけど、バックスが彼を救ったんだ。オカダはその恩義を忘れていない。

へえ、それは知らなかった。TNAがオカダのプロレスへの情熱をぶち壊したってことは知ってたけどね。

うーん、そこまでとは思わないな。ただ、問題はTNAがオカダに対して何もしなかったってことなんだよ。オカダはTNAでの遠征期間のほとんどを古いプロレスのビデオを見て過ごしたと言ってた。

オカダがバックスのコスチュームを……。ちょっと想像しちゃった。

ところで、バックス(鹿)の子どもたちのことをどう呼べばいいんだろう?子鹿でいいの?

ヤング・ヤング・バックスとか?

ヤンガー・バックス。

ベリー・ヤング・バックス!

オカダ、子どもたちの手を掴んで思いっきりレインメーカーを決めるまでの間は楽しく遊んでるんだろうね……。

この後オカダは見たこともないほど美しいドロップキックを浴びせるのだった。

 

 

 

オカダほど嫌う要素のないレスラーを探すのは難しいかもしれませんね。子どもに優しいし、ファンには神対応だし、試合はすごい。

ヤング・バックスとの関係について補足しておきます。オカダはTNA遠征中に「オカトー」というギミックで、サモア・ジョーの子分として活動していたことがありました。グリーン・ホーネットというドラマでブルース・リーが演じた「カトー」という日系人がモデルになっています。

ある日の試合前、オカダは上層部から試合中に流血することを命じられました。つまり、刃を使って自分で肌を切れ、と言われたのです。オカダは恐怖し、当時TNAに出場していたバックスに相談しました。バックスはこのカッティングには意味がないし、なによりオカダが嫌がっているのだからやめるべきだと思い、上層部に伝えました。

その結果、流血はなくなりました。オカダはバックスに感謝し、この日以来、彼らは親友になったのです。オカダが日本に戻るまで、毎日一緒に遊んだとか。

この関係がバックスの新日本参戦とオカダのAll In参戦につながっているのです。新日本とAEWが提携を結ばないとしても、オカダとバックスの絆は途切れないままでいてもらいたいと思います。

 

引用元:https://www.reddit.com/r/SquaredCircle/comments/adjrly/wholesome_okada_playing_with_the_bucks_kids/

アイキャッチ画像引用元:By ゾーヒョー – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47557671