サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

WK13終了後、デイブ・メルツァーは何を語ったか

大成功に終わったレッスルキングダム13。会場にはWrestling Observerの名物記者デイブ・メルツァーの姿がありました。メルツァーはAEWの情報を誰よりも早く入手しているため、AEWのスポークスマンなんじゃないか?と冗談半分で言われています。

イベント終了後、Wrestling Observer Radioの収録が行われ、メルツァーの他にジム・バレー[mfn]メルツァーに同行したPodcast personality。[/mfn]とフミ斉藤氏[mfn]週刊プロレスの元ライター。プロレスに関する書籍を多数発表し、DAZNのWWE中継では解説を担当している人。[/mfn]が参加。

その内容がRedditにまとめられていたので、一部を紹介します。

興行全体の話

  1. 過去最高のレッスルキングダムだ。
  2. メインイベントはプロレス史に残る名勝負だった。そして、棚橋弘至が、紛れもなく新日本プロレスのすべてなのだと証明した。
  3. ウィル・オスプレイのスタイルはプロレスの未来だ。NEVER無差別級王座を戴冠したことでG1への扉が開き、彼はヘビー級選手になるだろう。今後、彼は日本で「The Sky King」のニックネームを名乗るようになり、またこれを「ソラノオウサマ」という日本語でプロモーションし始めた。メルツァーはオスプレイが日本に引っ越し、永住すると考えている。
  4. 興行終了後、クリス・ジェリコはオスプレイに対して試合のアドバイスをした。
  5. 飯伏の容態がどうあれ、彼はニューイヤーダッシュには出ない。
  6. 2019年のオスプレイは新日本の顔としてプッシュされる。

 

All Elite WrestlingとThe Eliteについて

  1. 最大の疑問は、ケニー・オメガに今後何が起こるのかということだ。
  2. 新日本は、Eliteメンバーがもう参戦しないことも想定しているようだった。しかし、両団体の同意があれば、彼らは今後も新日本に出場できる。
  3. AEWは今のところTV局と契約していないが、交渉はいい方向に向かっており、複数のTV局からオファーが来ている。

 

試合について

  1. 1月5日の新日本とAEWの交渉で何かが起きない限り、ヤング・バックスにとってあの試合はお別れの試合になりそうだ。
  2. EVIL & SANADAはテンコジのような長期的なタッグチームになる。ヘビー級タッグ3WAYはいい試合だったが、あと10分試合時間が長ければもっといい試合になっただろう。
  3. ブランディ・ローデスの介入は必要なかった。Monday Night RAWに酷似してた。
  4. WWEはKUSHIDAのWWE移籍に手応えがあるようだ。メルツァーは彼の移籍に疑問を抱いている。もし205LIVEに配属されてしまったら、中邑真輔とは異なる状況に直面することになるだろう。KUSHIDAは世界的なスターになりたいのだから。

 

こんなところです。特に興味深い箇所は太字にしました。

以前、メルツァーはAEWと新日本の提携は難しいことではない、と語っていましたが、参加者の3人はEliteメンバーの全敗という結果を見て「新日本は、Eliteメンバーがもう参戦しないことも想定しているようだった」とコメントしています。

ただ、ケニーはこんなツイートをしています。


棚橋もバックステージで「ケニー、次はいつやるんだ?」とコメントしていましたし、MSGのメインイベントがこの二人によるタイトルマッチになる可能性もあるな、と思います。

 

その他の興味深い点は3つ。オスプレイの日本移住(永住)、ヤング・バックスのお別れ、KUSHIDAのWWE移籍。

オスプレイの件は眉唾ものですね。確かに新日本は今後オスプレイを大プッシュしていくことになるわけですが、 永住までは……。

ヤング・バックスはこんなツイートをしています。


どう見ても「もう日本には来ません」と言っているように見えるのですが……。どうなることやら。ちなみに、Codyとヤング・バックスは新日本への継続参戦を希望しているようです。

KUSHIDAの件については、もともとKUSHIDAにはWWE移籍の夢があるので、不思議ではないなと思います。

 

 

引用元:https://www.reddit.com/r/SquaredCircle/comments/acl1ju/wk13_spoilers_wrestling_observer_notes/

アイキャッチ画像引用元:By User: (WT-shared) Jtesla16 at wts wikivoyage, CC BY-SA 1.0,https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22941097