サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

PACがAll Inに出なかった理由をクリス・ジェリコが語る

WWEと揉めに揉めて契約を解除したネヴィル。現在はリングネームを再びPACに戻し、フリーとしてドラゴンゲートやRPWに参戦しています。

Codyとヤング・バックスによる自主興行「ALL IN」への参戦の噂もあったPACですが、出場はありませんでした。その理由を、クリス・ジェリコがポッドキャストで語ったそうです。

まず、ALL INからのオファーが会ったことは事実とのこと。しかし、PACが強いこだわりを捨てきれずに断ったそうです。そのこだわりとは、「ドラゴンゲートでの復帰」。WWEとの契約が切れた後も沈黙を続けたPACがドラゴンゲートで復帰を果たしたのは、本人の強い希望があったからだそうです。

新日本プロレスからWWEに移籍する前に、2年近く参戦していなかったリコシェがドラゴンゲートで卒業試合を行ったのは記憶に新しいですが、この団体は本当に海外選手から愛されていますね。

ちなみに、交渉が決裂した理由には、PACのギャラが高すぎた、ということもあったそうです。ドラゴンゲートとPACの契約はどのようになっているのでしょうね?特別割引?

参照元:https://www.reddit.com/r/SquaredCircle/comments/a8i58i/chris_jericho_they_the_bucks_and_elite_tried_to/