サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

マイケル・エルガンと訴訟問題。被害を訴えた女性の訴訟が却下される

新日本プロレスのマイケル・エルガンが抱えていたトラブルはどうやら収束に向かっているようです。事の起こりは2017年。”Moses Malone”と名乗る女性ファンが、エルガンが持っていたグローリ・プロという団体の練習生から性的虐待を受けたと主張したことから始まりました。

同団体の興行には内藤哲也の遠征も決定しており、エルガンは団体運営にかなり力を入れていたようです。しかし、この件が明らかになったことで、彼は米インディー界のナチュラルヒールになってしまいました。

スポンサーリンク

エルガンが批判を受けていたのは対応の悪さです。女性の訴えがあったにもかかわらずまともに対処せず、プロレスファンからとんでもない規模のヘイトを買っていました。

2018年2月に内藤哲也がアメリカの小規模なインディー興行に参加した時、本来出場がアナウンスされていなかったエルガンがサプライズで登場してシングルマッチを行いましたが、会場にはブーイングの嵐が吹き荒れ、主催者がエルガンを呼んだことを謝罪する事態にまで発展してしまったのです。

その後、この件は訴訟問題にまで発展。WrestlingIncによれば、女性の訴えは証拠不十分で棄却されたとのこと。エルガンは次のようにコメントしてます。

2018年は大変な年になった。妻や息子と共に困難に立ち向かった。人生の大半をかけて築き上げてきた自分のキャリアや名前を守るための措置を講じねばならなかった。2018年に失った大きなものから立ち直り、また取り戻しつつあるところだ。しかし、今は始まりの1勝を喜びたい。

ただ、女性は「この件はまだ終わっていない」とツイートしているため、この件は再燃する可能性もあります。新日本プロレスでは随一のパワーレスラーとして人気を博し、特に2018年夏の肉体改造は多くのファンを興奮させました。2019年のレッスルキングダム13を怪我で欠場してしまいましたが、既に復帰し、7日までに4試合を行っています。

この騒動の詳細については青空プロレスNEWS様を()を、エルガンがなぜプロレスファンのヘイトを買ったのかについては、Redditの該当トピックスを参照してください。

 

参照元:https://www.wrestlinginc.com/news/2019/02/michael-elgin-sexual-misconduct-case-dismissed-650700/https://www.ewrestlingnews.com/news/michael-elgin-suing-woman-accusing-sexual-assaulthttps://twitter.com/MichaelElgin25/status/1092840073119391751