サイトは移転しています。移転先→https://wrestling-now.net/
スポンサーリンク

グレゴリー・ヘルムズ(ザ・ハリケーン)が語るAEW。抱える問題、WCWとの比較

ザ・ハリケーンことグレゴリー・ヘルムズは、現在ROHで選手兼プロデューサーとして活動しています。2018年にはRoyal Rumbleにサプライズ登場し、2019年にはWWEにプロデューサーとして復帰するという報道もありました。これは誤報でしたが、今もなお注目を集める存在です。

そんなヘルムズが、インタビューでAEWについて語りました。一部を紹介します。

スポンサーリンク

AEWの創立について

プロレス界にとって良いことだ。競争は良いことだし、業界は興奮した雰囲気に包まれている。AEWには私の親友であるクリス・ジェリコもいるね。彼らが何をするのか、とても楽しみだよ。WWEとWCWによるマンデー・ナイト・ウォーズが勃発した時のようなものを求めてる。あんなことはもう二度と起こらないだろうとみんな思っていたしね。ああならない可能性もある。語るには時期尚早だ。

でも、あの興奮をもう一度産み出すことができれば……今、業界にはクレイジーな雰囲気が満ち満ちているように思うんだ。

AEWの問題点

AEWと契約しているレスラーはたくさんいるけど、彼らはスタイルがちょっと似ているよね。AEWの良くないと思うところはこの1点だけだ。彼らのスタイルがうまく行けば、このことはネガティブなことではなくなるんだけど。

個人的には、最高のプロレス団体とは、多様性をファンに提示することができる団体だと思っている。

WCWとの比較

スポンサーリンク

AEWと比較することができる団体は、今のところWCWだけだ。ビンス・マクマホンに挑戦状を叩きつけたのは彼らが最後だから、比較対象になるのは自然なことだね。

WCWは札束でぶん殴っていただけだったけど、AEWは彼ら自身の資本でよりスマートにやるだろう。この点には気をつけていると思う。ジェリコはかつてWCWにいたから、失敗の数々を目にしていたわけだ。ネームバリューだけのプロレスはやらないだろう。リング上のことだけではなく、ビジネス面においても彼は経験豊富だ。彼の「経験」はAEWがまさに必要としているものだよ。

まとめ

これまでにAEWについて語ったベテランレスラーはたくさんいますが、ヘルムズの意見は一番説得力があるように感じました。AEWについて言うべきことを自分の言葉で述べていると思います。

ヘルムズが指摘したように、AEWにはアスレチックなスタイルのレスラーが多く集まっています。多様性を見せるために彼らがどのような判断を下すのか、今後に注目ですね。

 

・あわせて読みたい

クリス・ジェリコのAEWとの契約内容がWWEのロッカールームに衝撃を与える
Codyとヤング・バックスを中心に創立されたAll Elite Wrestling。オーナーのカーン一族は世界的な大富豪として知られており、AEWは強力なスポンサーの援助を受けることになっています。 ...
退団希望者続出に混乱するWWE。残る選手たちは長期契約を提案された
2019年に入ってから、WWEは苦境に立たされています。All Elite Wrestlingの創立が関係しているのかどうかは不明ですが、リリースを要求するレスラーが複数人現れているのです。The R...
新日本プロレスはクリス・ジェリコに3人のビッグネームとの試合を希望している
2019年、クリス・ジェリコはAEWと契約しました。新日本プロレスに引き続き参戦できるという条件付きだったため、ひとまずは本人も希望している棚橋弘至とのシングルマッチに向かっていくのでしょう。 ...

 

参照元:https://411mania.com/wrestling/shane-helms-aew-good-wrestling-wcw-comparisons/